端午の節句に向けて

ようやく兜と鍾馗(しょうき)さんの絵を飾りました。

雛人形は節分が終わったらすぐ出すのですが、それを片付けた後、次の端午の節句の準備はいつもギリギリになってしまいます。

兜は長男が、生まれた時に。
両家の祖父母から。
d0346042_09372131.jpg


次男が生まれた時は、鍾馗さんの絵を。
私達夫婦で。
福島の須賀川吉野家で購入しました。
d0346042_09372143.jpg


雛飾りは、春爛漫な感じで家の中が華やかになりますが、兜とこの絵をリビングに飾ると、色の影響はあるんでしょうが家の雰囲気がグッと引き締まります。

こちらは去年の2人。逞しく育って欲しいものです。
d0346042_09372127.jpg






[PR]
by nakochie | 2016-04-27 09:45 | 季節 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nakochi.exblog.jp/tb/23098800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cosumosu52 at 2016-04-27 20:46
子供は娘二人、孫も女の子二人ですから、兜には縁がなかったのです。重厚な雰囲気ですね。絵も引き締まりますね。
Commented by nakochie at 2016-04-28 00:08
>cosumosu52さん
女の子ばかりも華やかでいいですね!衣装もおしゃべりも楽しそう(*^^*)女の子のひな祭りに比べると、こどもの日は遊びに出る事も多く、どうしても食事も服装もシンプルになってしまいます。
<< 子供達からプレゼント 無印良品 >>