こどもの日

我が家の息子2人。
d0346042_11583899.jpg


この一年、主人が単身赴任になってからというもの、特に長男はずいぶん逞しく、そして優しくなりました。
少しでも私が楽になるようにと、お手伝いもよくしてくれるし、何か弟がわがままを言えば
「お前、お母さんに苦労かけるな」と。

いや、そこまで親に気を遣わなくても^_^;
と思いますが、せっかく頑張ってくれているし、こちらも変に頑張って無理すると、他で無理が出てくるので
「ありがとう。」
と素直に甘えることにしています。

頼られる事は嬉しいのか、照れ笑いしている姿は子供そのものですが。
本能なのか、主人が言うからか、
「俺が家を守らないとね」という言葉は、頼もしいかぎりです。

次男は、まだまだ末っ子で甘えん坊ですが、それはそれで家族の癒しで。
赤ちゃんの頃から今も変わらず、家族みんなを笑顔にしてくれるムードメーカー。
もしかしたら、そんな役まわりを、本能的に感じてみんなを笑わせてくれてるのかも知れませんが。

息子2人いるというのは、最近特に心強いと感じます。
娘の柔らかくて、可愛いくて、女同士の楽しさや気安さがあるのとはまた違う感覚です。

ともかく、自分の足で自分の人生を力強く歩いていって欲しいな、と願うこどもの日でした。





[PR]
by nakochie | 2016-05-07 12:08 | 子供 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nakochi.exblog.jp/tb/23124768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cosumosu52 at 2016-05-07 21:00
ご一家お揃いで、楽しいひと時をお過ごしでしたね。
男の子はとても頼りになると聞いたことがあります。
男の子はお母さんに優しいみたいですね。
子は親の鏡、親を見て子は育つ・・・
父親がよく言っていました。
Commented by nakochie at 2016-05-08 14:58
>cosumosu52さん
まだ子供なので身体も小さいですし、経験も足りないですが、なんというか、何かあっても安心だなという心強さがあります。
親を見て子は育つ、ですか。子供に恥ずかしくない生き方をしなくてはいけないですね。
<< 母の日 結婚記念日 >>