20数年ぶりに

d0346042_13451555.jpg

図書館で再会しました。

横山光輝さんの「三国志」
高校時代に読み耽った記憶があります。

黄巾の乱から蜀の滅亡まで全60巻。
全部揃ってました。

子供の夏の課題図書を借りに行ったのですが、思わずこちらも借りてしまいました。
改めて読むとやっぱり面白い!
子供も楽しそうに読んでいたし、夏休み全部読もうかな〜
ま、私が読みたいのですが。

三国志演義を元に、劉備中心に描かれているので、やや偏った見方にはなりますが、ストーリーも面白いし、魏呉蜀時代の流れはわかります。
曹操側から描いた「蒼天航路」も面白いですが、こちらは大人のシーンも多いので、子供と読むにはまだこっちかな。

漫画に限らず、司馬遼太郎の「坂の上の雲」「新選組血風録」や、宮尾登美子の「平家物語」とか歴史の本は大好きです。

闘いに勝つには、いつの時代も、精神論や運任せでは絶対に駄目。
血の滲むような努力を重ね、膨大な資料を分析し、作戦を何度も練り直し、そしてギリギリまで出来ることをやる。
その上で、最後の最後、ようやく神のみぞ知る領域、運に委ねるというところに立てるのだ、ということを歴史本は教えてくれます。

それって、スポーツでも、芸術でも、受験でも通じることだと思うのです。
分析も、努力も無しに、神様お願い!は無いですよね。
(そういう意味で、精神論に走った第二次大戦は・・・)

まあ、なんだかんだ言って、とにかく歴史本大好きというお話でした。

あー今日から、しばらく仕事忙しいので家に篭ります。








[PR]
by nakochie | 2016-07-20 13:55 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nakochi.exblog.jp/tb/23309466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cosumosu52 at 2016-07-20 21:10
・・・・・ということを歴史本は教えてくれます。
わ~、凄いなぁ。お母さんが文学少女だったのですね。
本を読む人は心に奥行もあるのだなぁ。
考えが深いと言うか・・・ それで納得!
Commented by nakochie at 2016-08-02 12:07
>cosumosu52さん
私の本の趣味はかなり偏ってますがf^_^;
本を通して経験できたり、世界が広がったりすることはいいなと思います。
子供にもどんどん読んで欲しいものです。
<< 夏の思い出①〜自動車工場見学〜 怒りのコントロール >>