夏の思い出⑦ 〜天の川〜

福島の星の村天文台にて。

d0346042_21424333.jpg



写真真ん中、白く立ち昇るように見えているのが天の川です。

どうですか?
天の川って、なかなか都会で肉眼で見るのは難しい。
見えてもそれが天の川であると理解するのは難しい、と思うのです。

そんな満天の星空を3時間眺めていました。
望遠鏡で、土星や金星をながめたり。

「天文学者になりたい」という長男はうっとりとした表情でこの星空を眺めていました。

私も、7歳の時のクリスマスプレゼントに「宇宙」の図鑑をねだったほど、星には憧れを抱いています。
今もNHKの「コズミックフロント」は好んで見ています。

宇宙時間というんでしょうか。
「この光は一億年前のもので、実はこの星は、すでに爆発して今は存在していないかも」
という時間単位の大きさがたまらなく興奮します。

それを言うと「わかる〜」と言ってくれる長男が嬉しい。

あんまり語りすぎると引かれるので、これ以上は語りません012.gif

でも、星を宇宙の時間軸で見ていると、今の自分の悩みなんて、ほんとに瑣末で小さなものだなと、少しだけ楽になったりします。

「あの夏休み、星を見に連れて行ってくれたよねー」
という風にいつか、この星空を思い出してくれたら、お父さんとお母さんは嬉しいです。






[PR]
by nakochie | 2016-09-04 10:20 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nakochi.exblog.jp/tb/23464547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cosumosu52 at 2016-09-04 20:37
どこかのブログで天の川の写真を見せて頂いたばかりでした。
星空、ロマンがありますね。
この家族写真とても素敵です。
良い思い出になりますね。
Commented by nakochie at 2016-09-05 09:04
>cosumosu52さん
星空の写真って難しいですね。天文台の方に聞きながら、失敗しながらの撮影でした。
ウチの一眼でも、ちゃんとわかっている人が使うと星空も撮れるんだーという新たな発見でした。
<< 夏の思い出⑧ 〜南会津〜 夏の思い出⑥〜アスレチック〜 >>