<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

花より団子

近所の梅まつりへ。
d0346042_21535871.jpg


子供達は予想通り、梅を横目に出店へまっしぐら。
d0346042_17291530.jpg

長女はずっと食べたかった、念願のりんご飴。
どうしてか、これまで一度も食べてなかったそうで。
足をバタバタさせて「おいしいー!!」を連発。300円でこの笑顔なら、また食べさせてあげよう。

d0346042_17291553.jpg

長男、次男は大判焼き小倉あん。
あんこ大好きです。

他にもチョコバナナ、やきとり、スピードくじと満喫。楽しそうな顔を見て私も満足。

「来年は友達と行きたいなー」と3人。
そうそう。友達と行くお祭りが楽しいんだよね。
そういう年齢になってきたか。
少し寂しい気もしますが、やっぱり嬉しい成長です。
そろそろ親とのお出かけは恥ずかしくなる年齢でしょうね。私も今をしっかり楽しまないと!

園内は八分咲きくらい。
白梅はほぼ満開。紅梅がもう少しって感じでした。

そして園内の梅をひと通り見てまわったあとは、家に着いてビール。
昼間のビールは美味しい!





[PR]
by nakochie | 2016-02-28 22:02 | | Trackback | Comments(0)

ようやく

子供3人が順番に水疱瘡に・・・

予防接種してたので、熱は無く、症状も軽い。
とはいえ、病人が家に2週間。

仕事も仕上げつつ、朝昼晩4人分の食事、洗濯、掃除、発疹があるので風呂も私が丁寧に入れてあげなければならず。

いやー疲れました。
こういう時、単身赴任の旦那に頼れないことの大変さを痛感します。

今日ようやく3人そろって元気に学校に行って、ホッとしました。

まだ寒いですが、日差しは春ですね。
d0346042_13154571.jpg

春は1番好き。早く桜に会いたいです。



[PR]
by nakochie | 2016-02-26 13:20 | お家 | Trackback | Comments(0)

「イン・ハー・シューズ 」より〜E.Eカミングス〜

イン・ハー・シューズ。
キャメロン・ディアス、トニ・コレットの2人が主演。
もう10年くらい前の映画ですね。

WOWOWでやってたので今更ですが、初めて見ました。

弁護士で社会的な地位はありながら容姿に自信のない姉、抜群の美貌とスタイルを持ちながら難読症で定職につけない妹。

簡単に言えば、2人が紆余曲折、人との出会いを経て、それぞれのコンプレックスを乗り越えていく成長の映画。

キャメロン・ディアス主演ということで、軽いコメディ映画を想像してたのですが、意外と深くてジーンとくるハートウォーミングな話でした。

人は、自分を認めてくれる、必要としてくれる人がいれば、場所があれば。
たとえそれがどんなに小さな場所であっても、幸せを感じて生きていくことができるんだな。

自分にとってのそれが誰なのか、どこなのか、考えさせられる映画です。

d0346042_11155422.jpg


写真は最後、姉の結婚式で難読症だった妹がお祝いの詩を読む感動のシーン。

E.Eカミングスの詩です。
色々な和訳があるようですが、とりあえず、私が見た映画で使われていた和訳です。

E.Eカミングス


あなたの心と共に
私の心を重ねて
決して離すことなく

私が行くところ
あなたも共に

私のすることは
あなたのすること

いとしい人

運命など恐れない
あなたが私の運命だから

世界など欲しくない
あなたが私の美しい世界だから

誰も知らない深遠なる秘密

起源の中の起源

未来の中の未来

大空に育ちゆく
人生という木

魂の飛翔
理性の恐れより早く
枝を延ばす

空に星がきらめく
神秘のように

あなたの心と共に
私の心を重ねて



映画では、妹が姉を想って詠みますが、親を想っても、主人を想っても、子供を想っても、親友を想っても、大切な人を想うとぴったりくる詩だなと思いました。






[PR]
by nakochie | 2016-02-17 11:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)

雛人形

ようやく飾りました。

d0346042_10384125.jpg


今年で11回目。

これだけでも、時間がかかります。
私が子供の頃の7段飾りって、大変だったろうな〜。
今さらながら親に感謝です。

ひな祭りには娘に着物を着せて写真を撮ります。

私が子供の頃に着ていた着物から、娘のリクエストも聞きながら着るものを選びます。
昨年はこれ。
d0346042_10384129.jpg



今年はどの着物を着せようか。

女の子ならではの楽しみです001.gif






[PR]
by nakochie | 2016-02-15 10:45 | お家 | Trackback | Comments(2)

二分の一成人式でした


まずは教室で、将来の夢についてスピーチします。

双子は別のクラス。
2人のスピーチを聞けるか不安でしたが、先生方がスピーチの順番を考慮してくださりました。
娘はクラスでトップバッター、息子はクラスで終わりの方。
無事2人のスピーチを聞くことができました。
細かく配慮していただいて感謝です。

ちなみに夢。
娘は親の影響でアナウンサー、息子は宇宙大好きで天文学者。

色々変わっていく事もあるでしょうが、自分の夢を思い描いて語る今の真っ直ぐな気持ちを忘れず、これからも歩いて欲しいなと思いました。

そして二部は体育館で学年発表。
合唱、合奏、手紙朗読。

歌う姿を見ていると、幼稚園の頃の合唱の姿や、入学式の頃の姿が重なり、成長を実感します。

大きくなったなぁ。

歌声を聴きながら、これまでの10年を思い、これからの10年を思い。

子供達みんなの道、未来が、経験と感動に溢れた眩しいものでありますように。

最後は子供達がサプライズでお手紙を渡してくれました。
d0346042_19363028.jpg

手作りの封筒。

これもそれぞれの個性ですね。

親からも手紙を子供達に。

二分の一成人式は、最近賛否両論、様々な意見があるようですね。

子供たちが、未来に向かって自分の足元を見つめ直し、未来を思い描く、というのは、私は素直にいいなと思いました。

二分の一成人式おめでとう!




[PR]
by nakochie | 2016-02-12 19:45 | 子供 | Trackback | Comments(2)

糸でんわ

お昼ご飯の時、突然四年生の長男が
「お母さん、糸電話ってどうやって作るの?」

私「・・・作ったことないの?」

長男「うん。ていうか、遊んだこともない」

私「そうなの??!!」

すると長女も次男も口々に
「ないよ!ないない!遊びたい!」

そうか・・・。
そんな単純な遊びをしたことなかったか・・・。

「なら、休みの日だし作ろっか!」
と急遽作ることに。

まずは作り方を私が子供達に説明。

はい、私は手伝いません。試行錯誤も経験ですから004.gif
(面倒なだけとも言います。)

子供達はその説明を元に、カップと糸と針とセロテープを用意して、キャッキャッと楽しそうに作りました。

「毛糸でも、大丈夫?」「いいよ」
「4人でもできる?」「できるよ」

とにかく、糸がピンと張ってたら伝わるから、とだけ教えて眺めておりました。

こんなもん5分でできるだろうと思ってたら、30分かけて完成。
d0346042_16262369.jpg



私と子供達、4人で狭い部屋の中、四方に分かれて糸電話。
「もしもーし、聞こえる?」
「わ!聞こえる!息まで聞こえる!」
「おい!お前、ゲップすんなよ!」などなど。
もう大はしゃぎ。

この距離なら直接話した方が早くない?
ていうか、声が直接聞こえるよね?
と突っ込みたい気持ちはぐっと押さえ、しばし糸電話を楽しみました。

糸がたるんだり、障害物があると音は伝わらないということも、身をもってわかって、音の伝達の勉強にもなったようで。

すっかり大きくなったと思っても、まだ糸電話でこんなはしゃげるのねー
まだまだ可愛いねー

と、久々に単純な遊びで盛り上がった休日でした。

しかし明日はピアノの試験だぞー005.gif
3人とも大丈夫か???





[PR]
by nakochie | 2016-02-06 16:45 | 子供 | Trackback | Comments(0)

葉ボタン

d0346042_12591660.jpg

10月頃、知人にいただいて花壇に植えた葉ボタン。

「葉っぱでしょ?花咲かないんでしょ?」
という何とも子供じみた発想で、自分で買おうと思ったことは無かったのですが。

植えてみると、思った以上に可愛い。
そして、花の少ないこの時期、この葉ボタンのおかげでなんだか花壇が華やか。

何よりいいのは、特に手入れしなくても平気なところ。

意外と好きかも。

特に先月雪が降って溶けた後、ますます元気になってます。

人も植物もたくましいって素敵。




[PR]
by nakochie | 2016-02-03 13:10 | お家 | Trackback | Comments(0)

二分の一 成人式

来週は学校で、双子の「二分の一成人式」。

子供にサプライズで親から手紙を渡すらしい。

(一瞬「めんどくさっ!」と思いましたが015.gif)

これを機会に10年振り返ってみるのもいいかなぁ。

小さな双子の育児(プラス末っ子)なんて、きっと大変だったと思うのだけど・・・思い出すのは楽しいことばかり。

雨音に合わせてリズムをとる姿が、可愛かったこととか。

2人で協力して家中の全部のゴミ箱をひっくり返してて、怒りを通り越して大笑いしたこととか。

寝る時ホッペの下に私の手がないと眠れない2人が、フワフワなホッペを私の両手にのせてくれてた感触とか。

楽しかったなー。

そして、今もその楽しさは続いてて。
対等に会話ができる楽しさ。
未来に向かって歩いてる姿を見守る楽しさ。

たくさんの幸せをくれて、ありがとうしかないです。

そして私達夫婦が子育てする上で、心掛けていることは、
自分で考えて、決断して、行動できる人間にする、ということだけです。

ま、同じ親が育てても三者三様。
それぞれが持つ個性を真っ直ぐ伸ばしていけるように、見守るだけですけどね。

d0346042_23385803.jpg


写真は生まれて2日後の2人。
あの怒涛の日々も、懐かしいです。

でも手紙か・・・2人分・・・004.gif


[PR]
by nakochie | 2016-02-01 23:45 | 子供 | Trackback | Comments(0)