<   2016年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

季節の便り

大分の知人から、ダンボールいっぱいのカボスが届きました。

これはネット1袋分。
それが10袋届きました。
毎年ありがたいです。

d0346042_16112055.jpg


子供達からも
「やったー!カボス!お母さんジュース作って!」

カボスジュースが大好きです。

ひとり1個のカボスを絞って、砂糖を入れて、炭酸水で割るだけ。
我が家の秋の味。

毎年、送ってくださる知人への感謝の気持ちを忘れずに。
美味しくいただきます!





[PR]
by nakochie | 2016-09-30 16:16 | 季節 | Trackback | Comments(2)

まさかのバースデーリクエスト

今月23日、次男が9歳の誕生日を迎えました。
照れ笑いを浮かべながら近づいてきた次男。

「お母さん、今回のプレゼント…麻雀ってあり?」

えーーっ?!今なんと?
麻雀とおっしゃいましたか?

夏休み、四国の実家で覚えたのですが・・・
そうきたか。
まさか9歳の誕生日プレゼントに麻雀リクエストとは(ーー;)

まあね。
旦那も私も、テレビゲームに付き合うよりは楽しいしね。
頭、使うしね。
運の流れ、勝負のしどころ考えたり、なかなか奥が深いしね。
今年は就職試験で麻雀っていうのがニュースになってたしね。ねぇ。
と色々考えた結果・・・。

えーいっ!買うか!
ということで。
d0346042_13373548.jpg

週末になるとジャラジャラ(≧∇≦)
「ポン!」「リーチ!」「ロン!」
という声が響き渡っております。

大人はお酒片手に、バックにジャズとか流したり。あら、意外といいわ。

そして、安い手でどんどん上がる人、大事に高い手を育てる人、なきまくる人、まあ性格が出て面白いこと。

リクエストした当の次男はというと。
かなり引きが強い事が判明。
欲しいと思った牌がどんどんくる。
とてつもない点数で上がったりします。

うーん。
普段の姿からは読めない、また違った面が見えて、面白い。
しばらく週末夜は麻雀になりそうです。







[PR]
by nakochie | 2016-09-29 13:45 | 子供 | Trackback | Comments(2)

匂いと記憶

金木犀の香りが、そこかしこで漂っています。
風も爽やか。空も澄みきって、秋ですねー。

昨日行った図書館にも。
d0346042_09405309.jpg


匂いで蘇る記憶って、ありますよね。
雨の匂い、炬燵の匂い、ゆうげの匂い等々。

私にとって、金木犀の匂い=祭り。

金木犀の香りがすると「もうすぐ秋祭りだ!」と子供の頃から感じてました。

今でも金木犀の匂いがすると、頭の中に太鼓と鉦が鳴り響きます023.gif

10代の頃。地元のだんじり祭りが大好きで、祭りの丸2日間、ほとんど寝ずにずーっと練り歩いてました。

友達と一緒に、夜の青と朝の赤が混じった明け方の空に見える星眺めたり、出店の匂いとか、好きな人がだんじり担いでる格好良さにみんなで大騒ぎしたりとか。

そういう記憶が一瞬で蘇ります。
一瞬その当時に戻ったような感覚というか。

そして、一瞬で今に戻るわけですが。

懐かしい記憶。
それが幸せなものでも、胸が痛むような記憶でも、それがあるという事は幸せなことなんだろうなと思います。





[PR]
by nakochie | 2016-09-28 10:00 | | Trackback | Comments(0)

季節の変わり目

久々に体調崩して長引いてました。

d0346042_10431780.jpg



私、割とタフな方です(でした)。
人からもずっとそう言われてきたし、体力はある方だと思います。

しかし3人目を産んだ後からか。
というか年齢でしょうね。
特に夏から秋にかけての変わり目、体調を崩すことが増えてきたような。

どう崩すか?
というと、数日間、声が別人のようにハスキーになるのです015.gif

これは声の仕事をしてる人間には大問題。

大根カットしたものを蜂蜜につけたり、烏龍茶でうがいしたり、生姜湯飲んだり。
この時期、喉に良いと言われることは大抵してます。

なのに。
今回は収録期間の、しかも途中から声枯れ期間がぶつかってしまいました。
その上、熱まで出て、動悸も止まらず。
いやー久々に焦りました。何とか乗り越えましたが。

しかし出来上がった音源を聞くと、絶好調に声が出ている部分と、芯がなくおそるおそるハスキーな声で喋っている部分と。

笑えるほど分かりやすく混じっています。
聞いた人びっくりするだろな…
締切があり、しかも代役を頼めない仕事なので、もうごめんなさい!と開き直るしかないのですが。

そんなですが、徐々に復帰しつつあり、今日は小さな仕事をこなしつつ、図書館にでも行く予定です。






[PR]
by nakochie | 2016-09-27 10:50 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

夏の思い出⑮ 〜ラスト雑記〜

連続で投稿しました。
夏の思い出、これでラストです。

まだ載せきれなかった思い出たくさんあります。
d0346042_11365269.jpg

ボルダリング体験。
d0346042_11365373.jpg

大三島の大山祇神社。などなど。

あ!遊んでばかりでもないですよ012.gif

塾の夏期講習(算国英)は夏休み中、双子は2週間通いました。
塾生500人が受けたラストの模試では成績優秀者に選ばれて、2人ともやる気になったみたいです。
たまには成績順で名前が出るというのも、刺激になって、励みになります。

本もたくさん読んだし、お手伝いもたくさんしてくれて、ピアノやギターなど頑張ってました。

それぞれが考えて、選んで、実行した事も多く、充実した夏休みだったのでは。

「あなたの人生なので、あなたの好きなように。選んでやったことが、全部自分に返ってくるからね。」とずっと言い続けています。

単純な理屈です。

勉強を頑張れば、成績が上がる。
本を読めば、世界が広がる。
ピアノ頑張れば、上手に演奏できる。
運動をしたら、体力がつく、技術があがる。
遊んだら、楽しいしスッキリする。
悪口を言えば、自分も言われる。
友達とケンカをしたら、嫌な気分になる。
友達を大切にしたら、自分も大切に思ってもらえる。

まぁキリがないですが、そういう事をいつもよりじっくり考えたり、感じたりできるのが夏休みの良さですね。

特に何でも全身全力で感じる子供時代の夏の体験は、大切な気がします。
その人自身の基礎を作るというか。

親としては子供の望む体験を全力でサポートできた悔いのない夏休み。
もちろん私の自己満足。
ですが、これは私の人生なのでそれで良しです。001.gif




長々と夏の思い出読んでくださった方、ありがとうございました。
次回からは日常に戻ります058.gif058.gif058.gif




[PR]
by nakochie | 2016-09-13 11:50 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

夏の思い出⑭ 〜バーベキュー&ビール工場〜

毎年恒例。

私の実家、愛媛県西条市を流れる加茂川にてバーベキュー。
子供達が毎年楽しみにしています。

しかし、こんな呑気にできるのも来年までかなぁ・・・
中学生になれば部活もあるし。
何より私の父が、歳なんでしょうね。
道具の準備などだいぶ大変そうだし。

田舎のバーベキューの良いところ。
綺麗な川、美しい山並み、その美しさを独占できる人の少なさ023.gif

今年は雨が降らず、川の水がほとんどなくてビックリしましたが・・・

d0346042_10560649.jpg

d0346042_10560620.jpg

子供には関係ないよう。
すごく楽しんでました。

d0346042_10560728.jpg

d0346042_10560825.jpg

大人はビール飲んで焼肉。
これをすると「夏休みサイコー!」
という気分になります。

ちなみに西条は石鎚山系からの地下水が豊富なため(市民の水道料金も無料。使い放題です。)アサヒのビール工場があります。
主人が私の実家に帰る何よりの楽しみは、アサヒ工場でビールを飲むこと。

今年も親戚一同集まって飲みました。
d0346042_10560999.jpg

楽しかったー016.gif




[PR]
by nakochie | 2016-09-13 11:00 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

夏の思い出⑬ 〜高知にて法事〜

エアコンのない部屋にて法事。
子供の頃から変わらない景色。

開け放した部屋で、わずかな風でも心地よく感じます。
d0346042_10344548.jpg


d0346042_10344673.jpg

手前のパイプ椅子にいつも座っていた私の祖母は去年亡くなりました。
97歳。最期まで元気で、お葬式の時も全く悲壮感はなく、みんなで和やかに送りました。

匂いも景色も変わらないと思っていても、やはり時は流れていて、少しずつ景色も人も変わっていきます。

いつも迎えてくれた温かい人達が、少しずついなくなって、今度は自分が迎える側になりつつあるのだなとふと思った日でした。





[PR]
by nakochie | 2016-09-13 11:00 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

夏の思い出⑫ 〜内子町〜

愛媛の内子町には、ハゼ(蝋とかワックス)で財を成した商家が並ぶ街並みが保存されています。

その歴史や、蝋燭ができる過程の見学など、学びながらの散策。

d0346042_10090275.jpg

内子の町並み。

d0346042_10090320.jpg

和蝋燭のお店。

d0346042_10090403.jpg

お店の人に蝋燭についてお話を聞いてます。

d0346042_10090596.jpg

国の重要文化財「内子座」歌舞伎小屋。
d0346042_10090699.jpg

d0346042_10090760.jpg

花道から出てくる我が家のお調子者。

暑い夏の日の思い出です。
今日みたいに涼しくて、朝から激しい雨が降っていると、随分前の事のように思えます。





[PR]
by nakochie | 2016-09-13 11:00 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

夏の思い出⑪ 〜ここで土になる〜

d0346042_14411577.jpg


今年の高学年夏休みの課題図書。
子供と一緒に読み考えました。

簡単なあらすじ。

かつては人々で賑わっていた村にダムの建設計画が持ち上がります。
その結果、少しずつ人々は村から去り、徐々に人々の繋がり、当たり前の日常、子供達の笑い声が失われていきます。

結局、そのダムの建設は中止。
最後に残ったのは、村をずっと見守り続けたイチョウの木と、一組の老夫婦。
たとえ計画が中止になっても、かつてここにいた村の人々も、賑わいも戻ってくるわけではない。失われた自然が簡単に戻るわけでもない。
でも、その老夫婦は静かな覚悟を持って、そこで生き続けていく・・・というドキュメンタリー。


四国に帰って、同じような場所を見て、この本の内容が少し実感できたのではと思います。

ダムを見て、その底にかつて人々の営みがあったことに想いを馳せる。(本とは別の場所です)
道路の建設現場を見て、立ち退いた人々の思いを想像する。

知識を頭に入れることはもちろん大切だけれど、それを肌で感じる、ということも同じくらい大切な気がします。
頭でわかっているつもりでも、実際に足を運び見ると全く違う感覚を抱く事があります。
それを言葉で表現できなくてもいい、感じて欲しい、と思います。

今回、子供の感想文には、怒りと哀しさと決意を感じました。

それが、実際にそういう場所を見た結果かどうかはわかりません。家で本を読んだだけでも同じ事を書いたかもしれない。
でも、肌で感じた事はこの人達のどこかに積もっている、と信じます。

これからも、例えば日常テレビで見るニュースをただ出来事として認識するだけでなく、そこにいる人々や、その感情や、問題を想像する力を身に付けて欲しいなとは思います。











[PR]
by nakochie | 2016-09-09 14:50 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

夏の思い出⑩ 〜四国 愛媛 〜

四国へ帰省。

d0346042_09534141.jpg


初日は八幡浜へ。
d0346042_09534269.jpg


お目当は・・・
d0346042_09534382.jpg

平家谷の流しそうめん。

平家谷。
壇ノ浦の戦いに敗れた平氏が逃げ延びてきた場所。四国には平家の人々が逃げた場所があちこちにあります。

ここにも、それにまつわる悲しい話もありますが、今は人々が集まる憩いの場所。

私が赤ちゃんの頃から、景色はほぼ変わっていません。
川のせせらぎをききながら、食べられます。

d0346042_09534457.jpg


せっかく八幡浜に来たので、こちらも。
d0346042_09534571.jpg

じゃこ天のお店。
魚のすり身を揚げたもので、揚げたては美味しい!
この店は特に美味しいのですが、揚げたては既に終わっていたので、商品だけ購入。

港のお店で揚げたてをいただきました。
d0346042_09534527.jpg

一枚50円だったかな?安いのです。

私はこの地で育ったのだなぁと改めて実感しながら、都会っ子の子供達を連れての旅は続きます。





[PR]
by nakochie | 2016-09-08 10:00 | お出かけ | Trackback | Comments(0)